リサイクルトナーで経費削減。嬉しい全国送料無料。

リサイクルトナーで経費削減

トナーとインクの相違点とは

トナーとインクの相違点

ビジネスの場でパソコンが使われるのが当たり前となっている昨今、パソコンで作成したデータを印刷するには、トナーやインクが必須となります。そのため、京セラやブラザーなどのメーカーからもトナーやインクが販売されています。普段何気なく耳にしている「トナー」と「インク」ですが、この両者には明確な違いがございます。では、両者の違いとはどんなものがあるのでしょうか。

■素材・印字方法

トナーとインクは、素材と印刷方法が大きく異なります。まずトナーですが、トナーの素材は粉体であり、静電気と熱の力を利用して紙に定着させる圧着方法をとり、印刷を行います。それに対しインクの素材は染料や顔料などの液体となっており、この液体を噴射させることによって紙に定着させます。一般的にはトナーは「図面」の印刷に最適で、インクは仕上がりが高画質になる「写真」などの印刷に最適です。
しかし、現在では「経費削減」の観点からトナーへの注目度が高まっています。

■印刷速度の差異

トナーが定着しているとはすなわち、紙にトナーが乗っているという状態です。そのため、トナーであれば印刷をスピーディーに仕上げることが可能となっております。早急に業務資料が必要な場合にも即座に対応することができ、業務においての時間削減にも役立つのです。インクは時間が経てば経つほど紙に浸透するという特性を持っているが故に、浸透して色に落ち着きが出るまである程度の時間を要します。

■トナーとインクの優劣

どちらの方が優れているのか、と考えがちだと思いますが、それぞれにメリットがございますので明確に優劣をつけることはできません。あえて申し上げるのならば、短時間で大量の印刷をしたいと考えている方にはトナー、鮮やかな色をしっかり浸透させて高画質に印刷したいと考えている方にはインクが最適だといえます。

・格安トナーを通販で

当社で取り扱っているリサイクルトナーは、長年の考究を経て完成させたトナーです。
当社提携工場は、リサイクルトナーカートリッジの品質基準やテスト方法を定めた基準を満たし、リサイクルトナーに特化した世界統一規格であるSTMC取得しております。
品質はもちろん、価格においても皆様に満足いただけると自負しておりますので、リサイクルトナーの購入をお考えの方は、ぜひご検討ください。

メーカーをお選びください。 キャノン エプソン NEC ゼロックス 富士通 リコー カシオ パナソニック NTT HP IBM 日立 沖電気

ノニならオーガニック ノニジュースとノニサプリメントのサンキューノニへ  マカのことならマカ専門店 マカ屋  リサイクルトナーで経費削減  リンク集