リサイクルトナーで経費削減。嬉しい全国送料無料。

リサイクルトナーで経費削減

純正トナーと再生トナー(リサイクルトナー)の違い

エコに関心が向けられる世の中で、実際にエコに対する取り組みはどれくらいあるのでしょうか。身近なところで考えると、ゴミの分別やエコバッグの持参なども環境に優しいエコです。また、1997年12月に京都で開催された国連会議で「京都議定書」が採決されました。 要約すると、地球温暖化対策の国際的な約束事です。温室効果ガス削減についての取り組みは世界的に行われており、エコは環境問題において欠かせない部分でもあります。

当社は、企業様や環境にも優しいエコを考慮した再生トナー(リサイクルトナー)を販売しており、皆様のお役に立てればと考えております。こちらのページでは、純正トナーと再生トナー(リサイクルトナー)の違いについてご紹介いたします。

■品質の違い

品質管理をしっかりと行って販売していれば、純正トナーと再生トナーに大きな違いはありません。純正品を新品で購入し、使い終わったトナーカートリッジにトナーを補充すれば、再生トナーとしての扱いになります。部品交換や修理にクリーニングなど細かな部分まで気配りが行われることで、純正トナーと変わらない品質を持つ再生トナーが生み出されます。

■古い型番でも手に入る

同じシリーズで新品が発売すると古い型番は年数が経つと生産終了になり、購入できなくなってしまいます。しかし、再生トナーでしたら生産終了した型番を手に入れられる場合もあります。皆様がお探しの再生トナーの型番を当社で取り扱っている可能性もございます。メーカー別に再生トナーのラインナップをご紹介しておりますので、そちらも参考にしていただけたらと思います。古い型番でも手に入りやすいのは純正トナーと再生トナーの違いの1つです。

再生トナーについて基本的なことは、ご理解いただけたのではないかと思います。当社では、企業様でのコストダウンを見込んだ格安価格にて再生トナーを通販で提供しております。再生トナーの購入をお考えでしたら、安心の完全保証もございますので当社の商品をぜひご利用ください。

メーカーをお選びください。 キャノン エプソン NEC ゼロックス 富士通 リコー カシオ パナソニック NTT HP IBM 日立 沖電気

ノニならオーガニック ノニジュースとノニサプリメントのサンキューノニへ  マカのことならマカ専門店 マカ屋  リサイクルトナーで経費削減  リンク集