リサイクルトナーで経費削減。嬉しい全国送料無料。

リサイクルトナーで経費削減

3Rについて

コピー機やプリンタを使用する際に必要不可欠なトナーカートリッジは、使い切ると廃棄処分されていました。ところがエコが注目される現代では、使い終わったトナーカートリッジを有効活用できるリサイクルトナーに注目が集まっています。このリサイクルトナーには、環境問題を考える上でのキーワード「3R」の考えが導入されています。こちらでは「3R」についてご紹介します。

■「3R」とは

リデュース(Reduce)・リユース(Reuse)・リサイクル(Recycle)の頭文字を取ったもので、ゴミの排出を最小限に抑え、限りある資源を有効活用する社会を目指す考え方です。日本では2000年に制定された循環型社会形成推進基本法に盛り込まれています。2004年には小泉総理がG8サミットの場において「3Rイニシアティブ」を提案し、国際的に3R推進の重要性が広まったようです。

■リデュース(Reduce)

英語で減らすという意味を持つリデュースは、物を大切に扱い、ゴミそのものを減らす取り組みを指します。例えばマイ箸・マイバッグを使用し割り箸やレジ袋の消費を抑える、食品をムダにしないよう量り売りなどで必要な分だけ購入する、壊れにくいアイテムを使用するなどの取り組みが挙げられます。3Rの中でも取り組みやすく、新しいリデュースの方法を作り出せる可能性は高いと言われています。

■リユース(Reuse)

すぐに物を捨てるのではなく、使える物は何度も繰り返して使用する取り組みのことです。使用した容器を回収・洗浄し再使用するリターナブル瓶や、リサイクルショップ・フリーマーケットの活用、不要となったアイテムを他の人と譲り合うなどの取り組みがあります。使い切ったトナーカートリッジを再使用するリサイクルトナーもリユースに当たります。

■リサイクル(Recycle)

ダンボールや牛乳パック、新聞紙、ペットボトル、アルミ缶などを分別・回収し、資源として再利用する取り組みです。本来であれば廃棄されるゴミを材料にし、新しい製品を作るマテリアルリサイクルと、ゴミ焼却時に発生する熱エネルギーを回収・利用するサーマルリサイクルの2種類に分けられます。

当社では世界統一規格を取得したリサイクルトナーをご用意しております。リコー・カシオ・パナソニック・NTT・HPなどのメーカーのリサイクルトナーがございます。エコ活動の一環にぜひリサイクルトナーをご活用ください。

メーカーをお選びください。 キャノン エプソン NEC ゼロックス 富士通 リコー カシオ パナソニック NTT HP IBM 日立 沖電気

ノニならオーガニック ノニジュースとノニサプリメントのサンキューノニへ  マカのことならマカ専門店 マカ屋  リサイクルトナーで経費削減  リンク集