間違いだらけのプリンター選び

リサイクルトナーで経費削減

間違いだらけのプリンター選び

トナーは高い!
これは、みなさんが思うところでしょう。
実は、トナー代を安くするためには、重要なポイントがあるのです。

それは・・・、プリンタ選びが重要ということ。
いくらリサイクルトナーを使おうと思っても、リサイクルトナーが使えない機種じゃ話にもなりません。
ところが、プリンタを買うときには、そんなこと全く考えないのです。
プリンタ選びのポイントとしてリサイクルトナーが使えるかどうか。
つまり、新機種のプリンタを買わないほうがいいということになります。

普通皆さん、プリンタを買う場合に新しいプリンタを買いたがりますが、ところがコレが大きな間違いなのです。
何故って?新しい機種は、トナーのリサイクルができないから、純正トナーをを買うしかないのです。
つまりこれがコストに大きく影響するのです。

特にモノクロプリンタの場合ですと、性能が飛躍的に上がることはない。
だから、リサイクルトナーが使えるかどうか?という視点で選ぶほうが賢いということです。
ただし、例外もあります。新製品でも型番だけを変えたケース。
それをチェックするのは簡単なことです。トナーの型番を確認すればいいのです。
リサイクルできるトナーであれば、新機種でも問題はありません。
トナー代が1万円か3万円かということは、リサイクルトナーを使うだけで2万円もの差を生むのです。
それから他にもプリンタを選ぶ注意点があります。それは、売れてる機種を買うという事。
なぜなら、リサイクルトナーを売れてない機種用に開発するよりも、売れている機種用に開発したほうがメリットがあるからです。

リサイクルトナーは、ただ単にトナーを詰め替えればいいというレベルのものではありません。
そのため、新商品への対応も遅かったり不対応であったりします。
だから売れているプリンタを選ぶほうが良いのです。これは、リサイクルトナーを使うための鉄則です。

印字枚数がちがう!
当社提携工場は、「リサイクルトナーの印字枚数テスト」を行っており、安心してご利用いただけます。
商品開発力が違う!
単に「トナーを詰める」という作業だけではリサイクルトナーのカートリッジは出来ません。そこには「開発、研究する」という作業を経て製造しなければ、完全な再生トナーは、出来ません。
リサイクル回数が違う!
リサイクルできる回数が3回と5回ではトータルコストに差が出ます。
リサイクルトナーで、まだまだ出来る経費削減
STMC(世界統一規格)
当社提携工場は、日本で初めてリサイクルトナーの世界基準(※1)を満たしました。
※1)STMC(世界統一規格)
納期が違う!
通常は約1週間でお届け。定番品であれば、最短即日出荷も可能!!
お急ぎの場合ご相談ください
対応が違う!
当社はOA機器の販売をしておりますので、保守契約に関する知識もバッチリです
安心の完全保証
お買い上げ1年以内なら品質保証しております。プリンタが万が一当社のリサイクルトナーが原因で故障した場合、修理代金も保証します。
*必ず【ご利用方法】をお読みください

ウェブ トナー店長がお届けする「まだまだ出来る経費削減」

メーカーをお選びください。 キャノン エプソン NEC ゼロックス 富士通 リコー カシオ パナソニック NTT HP IBM 日立 沖電気

トナーとインクの相違点とは   リサイクルトナーの魅力について   環境問題においてリサイクルトナーができること   純正トナーと再生トナー(リサイクルトナー)の違い
経費削減に必要なこと   格安リサイクルトナーをお探しなら   オフィス用品のコストを削減しよう   3Rについて   世界基準STMCとは何か   リサイクルトナーで経費削減
ノニならオーガニック ノニジュースとノニサプリメントのサンキューノニへ  マカのことならマカ専門店 マカ屋  リサイクルトナーで経費削減  リンク集