お勧めするレーザープリンタ

リサイクルトナーで経費削減

レーザープリンタの新機種発売

デルが、A4サイズが高速に印刷できる白黒レーザープリンタ2機種発売しました。
基本的なスペックは同じですが、一方は自動両面印刷機能と100BASEイーサネットポートなどが搭載されています。 価格の方は2万5800円、3万9800円となっています。
これはA4とはいえ、インクジェットと変わらない価格なのです。

個人事業主やSOHOでも伝票印刷が多い方には、インクジェットでなく、レーザープリンタをお勧めします。
何故なら、コストと印字品質、耐久性などが違うからです。

今回のデルレーザープリンタの性能は、A4サイズモノクロプリントが毎分に28枚印刷できる高速タイプで、 1枚あたりの印字コストは、約3円。

コストから比べると断然レーザープリンターがお得ですね。

カシオから高速カラーレーザープリンタが発売

カシオは、LED4連タンデム方式を採用したカラーページプリンタでセキュリティ機能を強化した高速・高耐久性モデルを発売しました。
定価は、28万1400円。

A4サイズでカラー毎分33枚という高速印刷性能を誇り、しかも、150万枚の連続印刷に対応という高い耐久性!
更に、印刷セキュリティ機能を搭載されています。
ところが新機種なんで、当然、まだリサイクルトナーはありません。

白黒プリンタとカラープリンタの大きな違いの一つが画質ということがあげられます。

白黒なら多少の画質の違いはあっても、大きな差はないが、カラーになると、かなり画質の違いがあります。
カラープリンタで実績のある、キャノン・ゼロックスなどは比較的安定していますが、その他のメーカーは 印刷サンプルを確認したほうがいいかもしれませんね。

特にカシオはLED方式をとっており、独自の方法を採用しています。
この方式は、スピードに優れていますがどうしても印字品質はやや劣ってしまいます。

多く使用する場合、カラー印刷のコストは、モノクロとは比較になりません。
純正トナーを使用する場合、モノクロ1枚3円に対し、カラー1枚12円というのが標準的な線だといえます。
但し、写真が多かったりすると、一気にコストが上がりますので十分注意が必要になります。

そういったことから特別新機種にこだわるのでなければ、カラーのプリンタ選びはリサイクルトナー対応済の 機種を選んだほうがお得といえるでしょう。

印字枚数がちがう!
当社提携工場は、「リサイクルトナーの印字枚数テスト」を行っており、安心してご利用いただけます。
商品開発力が違う!
単に「トナーを詰める」という作業だけではリサイクルトナーのカートリッジは出来ません。そこには「開発、研究する」という作業を経て製造しなければ、完全な再生トナーは、出来ません。
リサイクル回数が違う!
リサイクルできる回数が3回と5回ではトータルコストに差が出ます。
リサイクルトナーで、まだまだ出来る経費削減
STMC(世界統一規格)
当社提携工場は、日本で初めてリサイクルトナーの世界基準(※1)を満たしました。
※1)STMC(世界統一規格)
納期が違う!
通常は約1週間でお届け。定番品であれば、最短即日出荷も可能!!
お急ぎの場合ご相談ください
対応が違う!
当社はOA機器の販売をしておりますので、保守契約に関する知識もバッチリです
安心の完全保証
お買い上げ1年以内なら品質保証しております。プリンタが万が一当社のリサイクルトナーが原因で故障した場合、修理代金も保証します。
*必ず【ご利用方法】をお読みください

ウェブ トナー店長がお届けする「まだまだ出来る経費削減」

メーカーをお選びください。 キャノン エプソン NEC ゼロックス 富士通 リコー カシオ パナソニック NTT HP IBM 日立 沖電気

トナーとインクの相違点とは   リサイクルトナーの魅力について   環境問題においてリサイクルトナーができること   純正トナーと再生トナー(リサイクルトナー)の違い
経費削減に必要なこと   格安リサイクルトナーをお探しなら   オフィス用品のコストを削減しよう   3Rについて   世界基準STMCとは何か   リサイクルトナーで経費削減
ノニならオーガニック ノニジュースとノニサプリメントのサンキューノニへ  マカのことならマカ専門店 マカ屋  リサイクルトナーで経費削減  リンク集