リサイクルトナーが出来るまで

リサイクルトナーで経費削減

リサイクルシステムのご紹介

お客様の元から回収した使用済みトナーカートリッジは、弊社の提携工場に収集されメーカーや機種毎に仕分けされリサイクル工程に入っていきます。
<分解工程>

使用済みのトナーは、クリーニングや消耗部品を交換しやすいように分解します。

このような分解の工程は、熟練した技術が必要です。
<クリーニング(清掃・洗浄)、点検工程と部品交換>
分解した部品を1点1点クリーニングし、交換が必要な部品は交換します。

交換部品のなどの部品はトナーとの相性などがあるので、単純に交換すれば良いと言う物ではない、ここでも再生工場の技術開発力が問われる。
<トナーの充填>
機種に応じてトナーを充填します。
ただ単にトナーを満タンに充填する訳ではありません。
機種に応じて様々なタイプのトナーが使用されていますのでそれに合ったトナーを充填する必要があります。
特に近年では、各プリンタメーカーは印刷品質を向上するために非常に小さな粒子のトナーを使ったり、特殊な技術を使っていますので、使用するトナーの選定には高い技術開発力が求められます。
特にカラートナーは3色のマッチングで色を出しますので、各機種の特性やトナーの特性を理解し技術開発しなければ、満足の得られる品質にはなりません。
<組み立て>
トナー充填後、カートリッジを組み立てます。
分解と同じように組立作業にも熟練した技術が必要です。
<検査工程>
作業が完了したトナーカートリッジは、全て機種ごとに印字テストされ動作確認が行われます。

印字テストは、古い機種から最新機種まで全て保有しなければならないので、技術面だけでなく設備投資も必要になります。
そのため悪質な所は印字テストを省く業者もあり、業界全体で言えばまだまだ安心して使えるレベルに達していないのが現状です。




騒然と並んだテスト用プリンターは圧巻です。


また先ごろ、リサイクルトナーの業界団体である『日本カートリッジリサイクル工業会(AJCR)』において、リサイクルトナーがどこで再生されたかがわかるように、再生業者が明記されたシールをカートリッジに貼るようにする(各社自主的に行う)事になりました。

シールが貼っていないリサイクルトナーはAJCRに加入していないか、リサイクルトナー業者として名前が出せないレベルの業者ということになります。

もちろん弊社では、今後(2005年1月以降)出荷されるものに順次貼って行きます。

また、弊社提携工場はリサイクルトナーの世界統一規格であるSTMC(Standardized Test Methods Committee)にアジアでは初めて合格しました。もちろん日本では唯一となります。

今後出荷される製品には順次この世界規格に合格した証となるシールが製品に貼られる事になりました。
今後もより一層高品質の製品をご提供できるように努力してまいりたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

この世界統一規格であるSTMCは、再生工程のテスト項目やテスト方法など細かな基準が設けられており、しかも定期的に無作為にカートリッジのサンプリングを行うなど非常に高い品質管理が求められます。

恐らく日本でも最高水準の再生トナーカートリッジ技術がなければ認定されても維持していくことはできません。
<梱包作業>
厳しいテストを完了したトナーだけが丁寧に梱包され出荷されお客様の元に届きます。
<出荷作業>
リサイクルトナーは精密機械ですので、運送中のトラブルなども考えられます。

そのため、外箱をさらに保護するための梱包を行い出荷します。

リサイクルトナーの研究開発


プリンターやトナーの開発は日進月歩です。
常に技術は進化していますので、できる限りそれに対応できるように研究開発を行っています。

特に近年カラーレーザーの進歩は著しく、メーカー同等もしくはそれに近い印刷品質、枚数を実現するのは並大抵の事ではありません。

また、メーカーは競合他社との競争だけでなく、我々リサイクル業界に対しても、リサイクルしにくい材料を使うなど締め付けを行ってきています。

そういった技術革新への挑戦が我々の使命だと考えています。

リサイクルトナーで経費削減!高品質なリサイクルトナーです。

印字枚数がちがう!
当社提携工場は、「リサイクルトナーの印字枚数テスト」を行っており、安心してご利用いただけます。
商品開発力が違う!
単に「トナーを詰める」という作業だけではリサイクルトナーのカートリッジは出来ません。そこには「開発、研究する」という作業を経て製造しなければ、完全な再生トナーは、出来ません。
リサイクル回数が違う!
リサイクルできる回数が3回と5回ではトータルコストに差が出ます。
リサイクルトナーで、まだまだ出来る経費削減
STMC(世界統一規格)
当社提携工場は、日本で初めてリサイクルトナーの世界基準(※1)を満たしました。
※1)STMC(世界統一規格)
納期が違う!
通常は約1週間でお届け。定番品であれば、最短即日出荷も可能!!
お急ぎの場合ご相談ください
対応が違う!
当社はOA機器の販売をしておりますので、保守契約に関する知識もバッチリです
安心の完全保証
お買い上げ1年以内なら品質保証しております。プリンタが万が一当社のリサイクルトナーが原因で故障した場合、修理代金も保証します。
*必ず【ご利用方法】をお読みください

ウェブ トナー店長がお届けする「まだまだ出来る経費削減」

メーカーをお選びください。 キャノン エプソン NEC ゼロックス 富士通 リコー カシオ パナソニック NTT HP IBM 日立 沖電気

トナーとインクの相違点とは   リサイクルトナーの魅力について   環境問題においてリサイクルトナーができること   純正トナーと再生トナー(リサイクルトナー)の違い
経費削減に必要なこと   格安リサイクルトナーをお探しなら   オフィス用品のコストを削減しよう   3Rについて   世界基準STMCとは何か   リサイクルトナーで経費削減
ノニならオーガニック ノニジュースとノニサプリメントのサンキューノニへ  マカのことならマカ専門店 マカ屋  リサイクルトナーで経費削減  リンク集